Top > 肌の手入れ > 肌の手入れの大事さ

肌の手入れの大事さ

肌の手入れが趣味です。25歳から肌の曲がり角と言われているので、25歳の誕生日を迎えてからは初めて美容皮膚科に通い、肌質改善のレーザーを試したり ネットで色々と美容情報を検索し、毎日せっせと手入れをしています。以前までは「肌がきれい」だなんて全く言われることがなかったですが、半年の間に2箇所、別々の美容院に行き、「肌が綺麗だけど何かしている?」「ツルツルで卵肌」などと美容師さんからお褒めの言葉を掛けてもらいました。単なる御世辞だとしても、褒めてもらえることは光栄だと感じました。周りの友人からも肌のケアなど聞かれることが多くなり、美容皮膚科に通いだす子もいたりと、とても嬉しくなる今日この頃です。ちなみに美容皮膚科で受けたレーザー治療は「レーザートーニング」という種類で、シミやカンパンに効くものです。私は頬にうっすらとシミがあり、頬の赤みがあるのを気にしていました。合計5回受けた今では、肌の赤みもなくなり内側から改善された気がします。 やはり年齢が若いうちにしっかりケアをすることで、歳を重ねても綺麗な肌でいれるような気がします。色白は七難隠すといいますが本当にその通りで、肌が綺麗なだけで魅力的に見える気がします。レーザーなどの医療に頼るだけでなく食生活などの内側のケアも非常に大事なので、日頃からビタミンCを摂取したり、パックで保湿したり、毎日欠かさず行っていきたいと思います。

足のむずむず治療

肌の手入れ

関連エントリー
肌の手入れの大事さ